お客様の声

毎日の暮らしを愉しむ住まいができました|H様邸

移住者にやさしい土壌に惹かれ

美しい自然に溶け込む、落ち着いた趣のH様邸。家のすぐ裏手にはブナの原生林が広がり、初夏の新緑、秋の紅葉といった四季折々の景色を望む絶景のロケーション。バードウォッチングにも最適で、キッチンの窓から見えるバードテーブルには、アカゲラなどがやってきては、ヒマワリの種をついばむ可愛らしい姿を披露してくれます。
「出身は本州で、北海道へは転勤で来ました。仕事の都合で恵庭や札幌などで暮らし、定年退職後は趣味を楽しみながら、のんびり暮らしたいと考えていました。北海道は本州に比べて歴史が浅く、古い慣習にとらわれない地域です。移住するなら、自然に近く、かつ文化にも触れられるエリアに、と思っていました」と話します。

優雅な趣のある住まい

将来を見据えた計画を立て、退職予定の10年前にこの土地を見つけ購入したと言うH様。「家を建てるまでの3年ほどは、妻と共にモデルハウスを見学するのが週末の過ごし方」と笑います。
ご自身の手でログハウスを建てることも検討し、ご自宅からさほど離れていない場所に建っていたお宅に出向き、住み心地やメンテナンスなどを聞きに足を運んだとも。
「検討した結果、ログハウスではなく、木の香りのする家を建てることにしました。そんな中、プルーデンスホームさんが、カナディアン住宅の思想と工法を受け継いだ輸入住宅を建てていることを知り、お願いすることにしました」。初稿ラフが気に入り、玄関とウッドデッキを反転した2案目で決定したと言います。「和室の欄間は富山の実家から持ってきました。思い入れのある欄間なので、施主支給に対応して頂けて、うれしかったです」と話します。

趣味を存分に愉しむ生活

▲自慢の薪ストーブ。
ゆらめく炎は見ていて飽きることがありません

「妻からの提案で薪ストーブを導入しました。これ一台で家中が暖かです」とH様。「パネルヒーターも設置したけれど、電源を入れるのは動作確認のため年に1度だけ」と笑います。「揺らぐ炎を眺め、薪のはぜる音を聴きながらくつろぎの時間を愉しんでいます。人とのご縁に恵まれ、原木の確保も問題なく、薪割りがライフワークになっています。お湯を沸かしたり、調理に使えることも魅力ですね」。 退職後は札幌芸術の森にある施設でモノ造りを体験したというH様。部屋には手作りの木工製品が飾られ、ガレージには趣味の道具を収納するスペースも確保しました。「家づくりは、将来のライフスタイルを設計し、自分の考えを持つことが大切。大満足の家が出来ました」と話してくださいました。


▲職人の技が感じられる見事な装飾の欄間のある和室


▲アメリカから設計図を取り寄せ、
パーツをイチから手作りしたという木製時計


▲運動不足解消にも一役買っている薪は
風通しのよい場所で乾燥・保管


▲趣味の釣り道具を収納する棚もH様の手作り

お客様の声

一般住宅

店舗他