Works家庭菜園を楽しむ、彩りのある暮らし

Category

レンガタイルをアクセントに配した塔屋を持つ印象的な外観に、手入れの行き届いた庭の植物が華を添えるSさま邸。

薪ストーブのあるリビングには家族が自然と集まります。

大人が2人並んでも十分な広さのあるバニティ(洗面スペース)。吹抜け階段を中心に、家族がコミュニケーションをとりやすい、開放的な空間設計が魅力です。

窓から見える草花に四季の移ろいを感じたり、自分で育てた野菜が食卓を彩ったりと、庭や畑のある暮らしは一戸建て住宅の楽しみでもあります。Sさまも、庭の一角で野菜を育て、旬の味を楽しまれています。

トマトやズッキーニなどの野菜類、梅やブドウなどの実のなる木、ラズベリー、ブルーベリー、ブラックベリー、ストロベリーと、様々な収穫物を、旬の時期に味わえるのは、家庭菜園の醍醐味ともいえるでしょう。

木を植えることは、日よけや周囲からの視線を遮る目隠しという観点からも有効です。屋根まで届く高さのミズキには、お孫さんが遊びに来た時に楽しめるよう、ブランコを吊るしました。道路側のブドウの棚は、秋になるとナイヤガラの芳醇な香りが漂い、道行く人に香りの贈り物を届けています。

レンガの積み方を細かく計算した手作りのピザ釜も。Sさまにとっての庭は、広い敷地を生かした心ときめく空間。自分たちらしい庭のある暮らしを楽しんでいます、と笑顔でお話くださいました。

 

Other Works

Contact

モデルハウス来場予約