プルーデンスホームのスタッフブログ

札幌の輸入住宅|プルーデンスホーム|注文住宅 新築 リフォーム

フリーダイヤル:0120-862-888

PCサイトへ

プルーデンスホームのスタッフブログ

HOME > プルーデンスホームのスタッフブログ

Style ⑬ New England

2016.07.29
 posted byS.TakaS.Taka

  『星の王子さま』
70周年、フランス・パリに専門店がオープン

2016年7月9日(土)外電、AFP通信によりますと、
世界各国で愛されている
『星の王子さま(The Little Prince)』が
フランスで刊行されてから今年で70年を迎え、
これを記念して、著者の
アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ
(Antoine de Saint-Exupery)の 曽姪孫 
トマス・リヴィエール
(Thomas Riviere)さんが、『星の王子さま』
グッズのみを取り扱う専門店をオープンし、
およそ600種類の商品があるそうです。

作者はドイツのフランス侵攻後に米国に脱出。
その米国で1942年にこの本を書き、初版は
1943年に出版されました。
『星の王子さま』は 270の言語に翻訳され、
全世界で 1億4500万部が売れているそうです。
すごいですね!

サンテグジュペリ氏は、1944年7月31日、
第二次大戦中の任務で離陸直後、マルセイユ
(Marseille)近くで行方不明となっています。
ご自身がパイロットで、それを題材にされ
そのまま星になったのかなと、数奇な運命を
感じる次第です。

何故に、この記事が気になったかと言いますと、
学生時代に、熱い先生が居て
『名作だ!名作だ!』と連呼して、
自分の思いを生徒達に問いかけていました。

当時は、なに言ってんだかなぁ?と、
思って聞いてましたが、年齢を重ね、記事を
見た時、ふとその記憶が蘇って来ました。

   何なんでしょうか? 

小難しい公式などは、
一切記憶に残ってませんが 、、、、<笑> 

真理を突いているものは、すごくシンプル
なのかなと、思う今日この頃です。

   Style ⑬ 『ニューイングランド』様式

アメリカへ渡ってきたイギリス人達が本国における
建築様式を基に発展させた、アメリカにおける
コロニアル様式ではもっともスタンダードな様式。
17世紀から18世紀にかけて、
アメリカ全土に広がり、森林資源が限られていた
イギリスに比べ、木材の豊富なアメリカ東北部では
外壁に木製サイディングを用いたり、また
イギリスでは、茅葺きだった急勾配の屋根も、
厳しい冬に対応できるシングル材等に置き換え
られるようになるなど、アメリカ独自の
  『ニューイングランド様式
      (アーリー・アメリカン)』
として発展を遂げました。

           (つづく)

 28-1 New England_2016-.jpg

 


« 『ワンオク、、、、』... | 一覧 | 『ク~ッ、来た~!』 »