Works地下にファミリールームのある家

Category

通りから一見すると、平屋建てに見えるMさま邸。実は、敷地が道路より下がった位置にあり、地下+地上1階の2階建ての住宅になっています。

当初は平屋をご希望されていましたが、この土地に出合い、地下+1階の2階建てにプランを変更。1階にはご夫婦の主寝室とLDKや水回りを、地下には車庫のほか、お子さまの個室2部屋と、家族共有の多目的ルームを設けることにしました。

地上階、ベイウィンドー(出窓)のあるリビングは日差しが差し込む心地よい空間です。三角屋根の高さを活かし、ラウンド型の採光窓の付いた吹上げ構造になっています。向かって左にキッチン、右奥にダイニングが続きます。

ホワイトで統一された明るいキッチン。手前にある収納付きカウンターは、お客さまに現場まで足を運んでいただき、高さや使い勝手を確認していただきながら造作したもので、配膳や片づけ時の「ちょっと置き」にとても便利です。

その横にあるコラム柱は空間の良いアクセントに。カウンターと面一(つらいち=同じ面に合わせて仕上がること)に仕上げるため、工夫を凝らしたポイントです。

地下にあるお子さま用の個室。ブルーのツートーンでさわやかな印象に仕上がりました。

もう一部屋はイエローの配色に。窓台につかったレンガがインテリアのポイントになっています。吸湿性もあるため、機能的にも効果がありそうです。

地階を有効活用したファミリールームは、テレビゲームやギター演奏、漫画などの趣味を持つご家族共有のスペースです。

建物正面から見た時に、リビング下のコンクリート部分に見えている窓が、採光窓になっています。室内はコンクリートをそのまま生かし、テレビボードの背面にはレンガを使うなど、インダストリアルに仕上げました。

難しい土地条件を逆手にとった、良プランの一例です。

 

Other Works

Contact

モデルハウス来場予約