Works真っ白な壁に赤い三角屋根が映える家

Category

r0003r

白い外壁と赤い切妻屋根の組み合わせが素敵な、アーリーアメリカンスタイルの家です。妻飾りが外観のデザインを引き立てます。

r0010

繊細でかわいらしいアイアン飾りが、玄関ポーチのワンポイントになっています。

r0015

玄関は、窓からの採光によって明るい空間に仕上げました。淡色の扉も軽やかな印象です。

r0019

玄関ホールには、小さな手洗い場を設けました。帰宅時の動線上にあり、部屋に入る前に手洗いできるので、感染症対策にも役立ちます。

r0022

かわいらしい小花柄のタイルとボウル、金色のアンティーク風カランが、玄関ホールの雰囲気に違和感なく溶け込んでいます。

r0026

キッチン部分に採り入れたアールの下がり壁や、陰影が美しいシーリングメダリオンが、LDKに上品な美しさを添えています。

r0044

ホワイトと淡いピンクでまとめたキッチンに、ガラスのペンダントライトがよく似合います。

r0053

キッチン横の部屋は引き戸を採用。開け放つことで、LDKと一体感が生まれます。

r0042

キッチン横の部屋は、客間や収納室としても使えます。引き戸と壁のクロスを揃えているため、戸を閉めても圧迫感がありません。

r0067

薄緑色のクロスタイル使いが上品なサニタリーは鏡の枠に温かみのあるモールディング材を選びました。

r0085

階段を彩るアイアンバラスターは、木製のハンドレールと組み合わせて。

r0096

プライベートスペースは、壁の一面にきれいなビビットカラーを効かせました。

r0106

単色の淡いピンクに大胆な花柄がグッド・バランスな一室です。

白い外壁と赤い三角屋根が、印象的なOさま邸。北海道開拓期のような趣も道民には親しみやすいデザインです。

外観や内観は白やピンクをベースにして、家全体を上品でかわいらしい雰囲気に仕上げました。彩りとなる照明やクロス、タイル、アイアンバラスターなどの柄や装飾選びに、Oさまのセンスの良さが感じられます。

 

 

 

Other Works

Contact

モデルハウス来場予約